2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ねこやしき≫の思い出

 残された時間は、本当にわずかになってきました。
 少しずつでもプレイして、悔いが残らないようにしようと思っているfelghanaです、みなさんこんばんは(´・ω・`)ノ


last-haima.jpg

 そんな訳で、昨日の月曜日にはハイマムドラ討伐に参加。
 全てのマーラの中でも、この氷の竜はとてもキレイで、私が一番好きだったマーラです。特に、ランプで召還されたときは、陽光の下で輝く美しさを見せてくれていました。(*´▽`*)

 TANTRAでは初期の頃から宣伝画材に使われていたこともあり、TANTRAの象徴のようなマーラであったと思います。

 2年の隠居を経て復帰した時には、その強さが大幅にアップされていたことに驚きつつも、変わらず大好きなマーラでした。最後の最後に、狩りに参加出来て嬉しかったです。(*´ω`*)


last-hokuto.jpg

 ハイマを倒した後は、始皇帝陵の北斗討伐へ。

 この始皇帝陵の攻略は、≪ねこやしき≫のマハであるみけねこさんが、「いつかAS単独でやってみたい」と言っていたもので、みけさんから唯一具体的なASの目標として聞いたことでもありました。

 それだけに私の思い入れも深く、復帰後は、参加出来る機会があるとなるべく始皇帝PTに参加して、攻略をめざしたものでした。


last-hokuto2.jpg

 北斗討伐も、無事成功!ヽ(≧∇≦)ノ

 ……本当は、1回でもいいから、みけさんが言っていたAS単独始皇帝攻略に、成功しなくてもいいから挑戦してみたかったなぁ、という思いは残りますが……これは、≪ねこやしき≫が活発だった時代に、もっと私がLv上げとかガツガツ頑張っていれば、もしかしたら実現したのかも……申し訳なかったなぁ……なんて考えつつ、死んだ子の年を数えるようなことをしても仕方ないので、今、サービス終了前にこうして始皇帝攻略の手順をきっちりと踏んでプレイできるまでになったことを、素直に喜びたいと思います。(*´▽`*)b

 ……最初右に行って狩ったんですが、この後左にも行ってみたら誰かに狩られた後だったことが残念といえば残念でしたがw

 最後に、こうして思い入れの深いボス討伐をすることが出来て、とても嬉しかったです。




 しかし、こうして思い返してみれば……我ながら、MMOをこんなに続けるとは、思っていませんでした。



 2005年の7月に、「何か、オンラインゲームっていうのをやってみたいな~」と思って適当に物色し、世界観が好みっぽかったので選んだTANTRA。

 当初は深く遊ぶつもりは毛頭なく、INしたりしなかったり、INしても1日1時間とかそんな感じで、最初の1ヶ月を過ごしていた私。当然のようにソロプレイ主体で、たまにMAPで出会った人たちと野良PTで遊ぶ程度でした。

 しかし、Lv40台になると、お約束のように40クエにつまずいて、ソロプレイの限界を感じ……そこで、初めてASに加入してみようかと思い始めて、野良PTでご一緒した人から「シヴァなら、ねこやしきってASがいい感じっぽいよ」って進められたのが、私が≪ねこやしき≫に入るきっかけとなったのでした。

 「強いAS」ってことも聞いたので、自他共に認めるへっぽこ修羅だった私は、正直、最初は加入申し込みをするのにためらいも感じたりしましたが、入ってみたら、私にはともて居心地がよく、深い思い入れを持つことが出来るASでした。≪ねこやしき≫に入れてもらったからこそ、私はTANTRAにはまっていくことが出来たんだと、今はそう思います。

 ≪ねこやしき≫に入った直後には、「ええ、あそこ廃ASでしょ?」とか、「超攻撃的なASでしょ?」とか、いろんな人から言われたものですが……。(´▽`;)

 実際には、もちろんASPTもやってはいましたが、強制で拘束されることもなく、ASMはそれぞれ思い思いに好きなように遊びながら、チャットでの会話でつながっているようなASでした。私なんかも、ものっすごくまったり遊びながら、チャットで困ったときにヘルプを頼んだり、分からないことを色々と教えてもらったりしながらマイペースで遊ばせてもらってました。元々ソロ主体で遊んでいたからでしょうか、そういうASの雰囲気が、私の肌に合ったんだと思います。

 あ、でも、ASで目立っていた人の中には廃な感じの人もいましたし、外から≪ねこやしき≫を見ると、廃ASに見えるのも無理はないかな……ってところは確かにありました。( ̄▽ ̄;)

 それに、「夜叉!?」って思うような火力を持った薬さんもいたりして……マハとか、マハとか、マハとかw
 聖地でキルログ出している薬さんもいたっけ……そりゃあ「超攻撃的AS」って言われても仕方ないかも。( ̄▽ ̄;)

 でも、実際には、とてもまったり楽しませてもらっていた私なのでした。



 そんな≪ねこやしき≫ですが、私が一番楽しかったのは……メンバーの中に、水戸黄門さんという仁王さんが加入してくださっていた時期だったでしょうか。

 ≪ねこやしき≫にはそれまでいなかった、本職の仁王さんの加入。
 これにより、ASPTをする場合にも飛躍的に遊びの幅が広がり、ASでやろうと思えばどんな遊び方も出来るぞ、とワクワクしながら思ったものでした。

 残念ながら、期間限定の加入だったので、間もなく黄門様は脱退し、他主神へと信仰を移して行かれましたが……。

 でも、その最後の黄門様の壮行会と称して、みんなで遊びに行った聖地はとても楽しくて、今でもよく覚えています。d(´▽`*)

 「死んだらシヴァから抜けるよー」って最初から黄門様に言われて向かった聖地。
 ASのみんなでPT編成して暴れ回り、とても楽しく戦わせてもらって……黄門様、遂に死亡。
 「みんな、お世話になりました、ありがとねーw」って黄門様が挨拶してる中、こっそりと観音さんが黄門様を蘇生させたりして、「えええええ!」って言いながらも夜中までみんなでワイワイと遊びました。
 そして、やがて死んだ黄門様は、本当にすぐさま主神を変更し、そのまま聖地へとって返して、生命書を使いながらシヴァ城内部へ突撃してこられましたw
 PCの前で声を出して笑いながら、ASのみんなで黄門様を叩いたっけ……。

 あのときの聖地が、私には一番楽しめた聖地だったと思います。
 そして、純粋にTANTRAを一番楽しめた時期でもありました。(*´▽`*)b



 黄門様が去った後も、私は≪ねこやしき≫でTANTRAを楽しみ……でも、気軽に遊んでくれる身近な仁王さんがいなくなったことで、ASに仁王さんが欲しいなぁ、薬さんももう一人くらい……なんてASMの充実を考えるようになっていきました。

 結局、その望みは叶わないまま、自分で薬や仁王を作ったりしながらも、なかなか育てる時間もなく……(薬だけは、なんとか実用レベルまで育てはしましたが^^;)、やり残したことをたくさん残したまま、私はTANTRAを隠居することとなったのでした。


 それから2年たち、TANTRAに復帰した私は、2年前に残してきたままだった悔いと、強い愛着のため、誰もINしなくなっていた≪ねこやしき≫の看板を背負ったまま、プレイすることを決めました。

 もう、メンバーの充実など考えず、勝手気ままに、それこそ野良猫みたいに、色んな人と遊んでもらって……しかし、≪ねこやしき≫の看板だけは、下ろさない!(`・ω・´)

 そんな思いで、この最後の時まで、TANTRAをプレイしてきました。
 もう、TANTRA終了は目前。2年間のブランクは挟みつつも、ここまで≪ねこやしき≫を残してこれたことに、今、安堵を覚えています。


 一時期、マハをはじめとして一部のメンバーが戻ってきてくれて、ASPTもやれましたし、TANTRAの全てのMAPを遊ぶこともできましたし……もう、本当に思い残すことはありません。



yoritomo-soro_20100602025020.jpg

 念願だった、頼朝ソロにも挑戦!(`・ω・´)


yoritomo-soro3.jpg

 見事倒すことに成功しましたし。(*´▽`*)b



 あとは……色々と、仲良くしていただいた人たちと、分かれるのだけが寂しいですね……それだけが、後ろ髪をひかれる思いです。(´;ω;`)
スポンサーサイト

テーマ:TANTRA - ジャンル:オンラインゲーム

君の名は

Up2.jpg
 昨日に引き続き、(`・ω・´)キリリ!




 久し振りに、「回顧なTANTRA」カテゴリーでエントリーを書いてみたいと思います。d(´▽`*)


 私は、よくゲーム内で初めて会った人から、「名前、なんて読むの?」って聞かれます。
 felghana……フェルガナ。読めませんよね、やっぱり。(・ω・` )


 なぜこんな名前になったのか、それは今をさかのぼること4年近く前の2005年7月。
 私は、「何か、オンラインゲームっていうのをやってみたいなー」なんて思いながら、色んなMMOのサイトを見て回っていました。
 最終的に、「TANTRA」と、今はサービス終了してしまったようですが、同じガンホーさんの「A3」のどちらにしようか悩み、世界観が好みだったので「TANTRA」を選んだ訳ですが。

 ゲームを決めたので、IDを取得し、さぁキャラクター作成、となったとき、ふと頭を抱えました。



 キャラクターの名前、何にも考えてなかった……。(´・ω・`)



 何にしよう? ゲームの中での自分の分身なので、変な名前はつけたくないし……。



 で、数秒悩んだ末に、「そうだ、フェルガナにしよう!」と決めました。
 中央アジアに位置する、雄大な自然とのどかな人々の暮らしが広がる、フェルガナ盆地(きな臭い部分も多々ありますが^^;)。
 馬の産地としても知られるこの地方の名前を冠することで、TANTRAの世界を名馬のように駆け回ろう!
 そんな思いが脳裏を駆けめぐり……私の名前が決まったのでした。






 と、言いたいところですが、そんなことは全くなく。



 名前の候補が全く決められなかった私が、ふと横を見ると、PCゲーム「イース -フェルガナの誓い-」のパッケージが目に入って、「あ、これでいいや(*´ω`*)」とフェルガナに決めたことは恥ずかしくて人には言えない秘密です。(*ノωノ)

 そもそも、フェルガナ地方の綴りは「ferghana」ですしねw

 で、名前の入力に際して、「フェルガナ」って入れようとしたんですけど……「漢字キー」を押しても、日本語入力ができず、「フェルガナ」と入れられなかったのです。

 ……後になって、環境によっては「Alt+漢字キー」を押さないと日本語入力ができない場合があって、私の環境は見事それに当てはまっていただけだったことが分かったんですが、当時の私は「あー、このゲーム、名前には日本語が使えないんだw」と勝手に解釈してしまい、「イース -フェルガナの誓い-」のフェルガナの綴りを、そのまま入力してキャラクターを登録してしまったのでした。



 ゲームに入ってみて、日本語の名前の方だらけだったのを見て愕然としたことは言うまでもありませんw

 結局、日本語入力をするためには「Alt+漢字キー」が必要、ということにしばらく気づかず、そのために誰ともチャットすることもできないまま、最初の1週間ほどはプレーすることになってしまった訳ですが。(´∀`;)

 キャラクター作成の時に、日本語入力の方法に気づいていれば、私の名前は「felghana」ではなく「フェルガナ」だったはずで、そうしたらゲーム内で出会った皆さんが読むのに困る、なんてこともなかったはずなんですけどねぇ……皆さん、ごめんなさい。^^;



 こうして、私の名前は、読みにくいと評判のfelghanaとなったのでした。

 4年近くの時間を経ての、私の誕生秘話でした。(´・ω・`)

テーマ:TANTRA - ジャンル:オンラインゲーム

回顧と悔恨、そして懺悔

 昨日は、サブアカウントで作っていた、2年前にLv上げの途中だった風舞桜(壁キャラ)を伴って、Lv上げの続きをするべく、月影の雫で迷宮に潜っていました。

semaruNUE.jpg
 途中、鵺に追いかけられたりしながら迷宮へ向かうの図……。(´▽`;)


 この組み合わせ、Lv制限がかかってしまうんですが(薬がLv67で、壁がLv51(´・ω・`))、(すっかり忘れてたんですが、PTのLv制限は2年前でも20でした。なぜか、15だと勘違いしてました……^^; 今は、Lv30差に修正されているようです。以上、後日追記でした)Lv51くらいの壁って、PTの探しようがあるのか分からなかったので……仕方なく、一人PTで壁のLv上げの続きを行うことにしたのでした。


 ……2年前も、同じことしてた気がする……。orz


 で、壁キャラには当然攻撃力なんてないので、隅っこの安全地帯に座らせて、薬でとにかく殴りまくり!(>ω<)ノ

kabeLVage.jpg


 入ってくるPRは、ほんとにわずかで泣けてくるんですが、薬だと休むことなく狩りを続けられるので、とにかくひたすら殴り続けてたら……。


 「懐かしいASだね」


 って、通りかかったPTのガンダルヴァさんに声をかけられました。

 <<ねこやしき>>をご存知の方でした。お名前が、「ネコ」って単語を含むお名前だったので、もしかしたら<<ねこやしき>にゆかりのある方だったのかも?

 で、少しだけその方とお話しをさせていただきました。

 みけさんのこと聞かれたり(回答:もうinされてないと思います)、現在のASの状況とか聞かれたり(回答:実質、マハのいないひとりAS状態ですw)……そんなお話ししてたら、

 「そっか、じゃ、メンバー増やしてASの再興頑張って! かつては大手ASだったんだから!」

 と言って、去って行かれました。




 <<ねこやしき>>って、大手だったんだ……。Σ(゚ロ゚ノ;)ノ イマ ニ ナッテ シル ジジツ!

 それに、<<ねこやしき>>の再興って……。Σ( ̄□ ̄;)





 実は、それ以前は分かりませんが、私が加入して以降の<<ねこやしき>>は、もう大所帯ではなく、どちらかと言えば少数な方だったので……。(^^;

 ただ、少数ではあったけど、プレイヤー・スキルは高い人が多かったように思います。(>ω<)

 私の知る限り、体力の回復と攻撃のタイミングなどを図りつつマーラと戦う最高の技術を持っていたチークロさんや、Lv上げが早く、状況に応じて様々な対応力を見せてくれた観音さんをはじめとして、私の先輩メンバーの人たちは、みんな上手でした。

 そしてなにより。

 in率が低下して、他の先輩メンバーに比べて決して高Lvじゃなくなったけど、素早く的確な状況判断と正確な操作で他を圧倒していた、みけねこさん。マハとして組織をまとめ、切り盛りしていく能力の高さも含めて、本当に凄い人でした。


 そんな、<<ねこやしき>>の「顔」である人たちがいない状態で、しかも私みたいなへっぽこプレイヤーが、再興なんて考えられませんw


 元々、副マハになったのだって、2番手候補だったうえ(1番手の方は辞退されました)、みけさんから「felさんを選んだのは、腕を見込んでって訳じゃないから」ってハッキリ言われましたしw

 でも、<<ねこやしき>>を覚えていてくださる人が、まだいるんだなぁ、って嬉しくなりました。(´▽`*)


 で、喜び勇んで更にブートを殴り続け……やっと、壁がLv52になりました。(`・ω・´)b

 まぁ、もう1Lv上がらなきゃ、薬とのLv制限は解消されないんですけど……ね。
 Lv53になれば、53クエもあるし、もうちょっと頑張ってみます!(>ω<)ノ



 ……えー、前振りはここまで(長い!)。
 以下、本題です。愚痴っぽくなりそうなので、以下は隠しておきますw






全文を表示 »

テーマ:TANTRA - ジャンル:オンラインゲーム

ある人の、記憶

 私が加入した頃(8月半ば)、ねこやしきには1人の二刀ラクシャサさんがいました。

全文を表示 »

テーマ:TANTRA - ジャンル:オンラインゲーム

«  | HOME |  »

プロフィール

felghana

Author:felghana
無料MMO「TANTRA」の
ブラフマー鯖で遊んでいた、
しがない修羅です。

途中2年の隠居を挟みつつ、
2005年7月から
2010年6月のサービス終了まで
TANTRAで遊んでいました。

所属していたASはシヴァASの
≪ねこやしき≫。
隠居から復帰後は
廃屋も同然でしたが、
愛着を感じて野良猫として
最後まで居座ってました。
(*´ω`*)

最終Lvは89。(ノω\*)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。