2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅剛討伐を見学してみる

ragou-kengaku.jpg
 昨日は前回のエントリーに書いてたとおり、行ってきました羅剛討伐隊の見学へ!



 修羅で来ていいよー、って言われてたんですが、見学をするだけの私は当然支援とか全くない状態になるうえ、更に討伐中はなるべくあちこち動き回って、討伐の手順や様子を出来るだけ確認するつもりでいましたから、必然的に危険度は高くなるだろうなぁ、修羅だと、死ぬかも……いや、絶対に死ぬなぁと思いまして。(´ω`)

 なんたって、修羅で死ぬことにかけては、みなぎる程に、有り余るくらいに、たぶん誰にも負けないってくらいに自信がある私(胸を張って高らかに宣言w)。(`・ω・´)b

 これまでも、経験したことのないシチュエーションに出会うと、大体複数回は必ず死んできた私のことです。修羅で羅剛の討伐を様々な角度から観察しようと動き回れば、絶対に命を落としますw

 自分だけなら、いくら死んでも次への勉強代、なんて笑ってすませますけど、今回は見学で参加させていただく身なので、もしも見学中に死亡してしまったら、討伐隊の方々にもご迷惑ですよねぇ……。

 という訳で、薬で見学に出向くことにしたのでした。



 集合場所へ向かってみると、集まってきたのは15人程度の人たちでした。

 ……本当に、これだけのメンバーで羅剛と戦うんだ……。

 噂に聞いてはいたものの、実際に集まってこられた方々の数を見て、一瞬呆然……w
 全員が集合場所に集まるだけで処理が重くなっていた、あの2年前の光景からは信じられないことでした。あのころは、50人前後が集まってましたからね。

 集合後、チャトへ出発。
 一気に羅剛部屋前まで突っ走りました。

ragoubeya-iriguti.jpg
 懐かしい、羅剛部屋の入り口前。

mikadomori.jpg

 御門守さん、お久し振り。(´▽`*)


 そして、羅剛のおわしますチャトランガ中央の部屋へ、討伐隊の方々と共に入っていきました。
 すぐに、羅剛の討伐は開始されました。

 が!



ragou-hasikko.jpg
 え……こんな端っこで戦うの!?Σ( ̄□ ̄;)

 以前は、部屋の中央で戦っていたんですが……これは、やっぱり討伐隊の人数が少ないので、羅剛の移動を制限するためと、範囲攻撃の範囲を限定してしまうためなんでしょうか……?

 仁王さんがしばらく殴られてタゲが固定されたのを見計らって、近接PTの皆さんが攻撃を開始。
 やがて遠隔PTの方々も攻撃を開始され……。
 ほどなく、第1形態の羅剛を討伐完了。(>ω<)b

 で第2形態となり、馬から降りた羅剛さん。

ragou-dai2-idou.jpg
 一旦部屋の中央へ戻り、ゆっくりと先ほどの場所、近接PTの方々の待っている場所へ自らの足で歩み寄っていきます。

 そして、先ほどとほぼ同じ場所で、第2形態の討伐開始!


ragou-dai2-kougeki.jpg
 あれ……壁さんが、遮蔽物を間に挟んで立ってる!?

 不思議に思いながら見ていると、やはりしばらく仁王さんが殴られ続け、タゲが固定されたあたりで近接PTが攻撃開始、やがて遠隔PTの方々も攻撃を開始されました。

 羅剛のHPを削っていく討伐隊の方々。
 すると。


hebi-ga-waku.jpg
 しばらくすると蛇が沸きましたが、それと同時に近接PTの皆さんが、一斉に羅剛から離脱を始めました。
 また、遠隔PTの召還さんが、蛇が沸くのに合わせて召還兵を召還し、大量の蛇をまとめて釣って、羅剛から引き離しにかかります。


 ???(´・ω・`)


 クエスチョンマークいっぱいで観ていたら、その後、蛇は部屋全体に広がっていって、それぞれに手近なプレイヤーさんたちに攻撃を始めて……。



hebi-o-karu.jpg
 皆さんは、その蛇たちをそれぞれ各個撃破していかれました。

 私も絡まれましたけど、この蛇、強くなってます。(>ω<;)
 範囲の属性攻撃をしてくるし、弾き飛ばしもしてくるし……。
 このとき、私は薬で来たことが大正解だったことを痛感したのでした。修羅では、間違いなく確実に疑いの余地もなくこの蛇にやられて死んでました!(胸を張って言ってみる)

 ブリさんから、こうやって仁王さんに蛇を近づけないことが大切、と教えられました。

 あ、そうかぁ……と、何となく納得な私。
 壁さんが受けるダメを最小限に抑えるために、蛇を召還兵で釣ったし、そもそも第2形態になって仁王さんが遮蔽物を間に挟んで羅剛と対峙していたのも、この蛇が仁王さんをタゲることを極力避けるためだったんだろうなぁ、と。(´▽`*)

 ちなみに、この蛇、ディパイリアからイリア、シュラパ、プラザまで、石を落としまくりでした。
 ブリさんから、「プラザ以外は回収しないから、欲しい人は拾っていいことになってる。フェルさんも欲しかったら拾っていいよw」」なんて言われましたが、さすがに見学で石だけ拾うなんて、そんなことはできませんw

 しかし、皆さん、その石には誰も目もくれず……。
 貧乏性な私としては、もったいないなぁ(´・ω・`)なんて思ってたことは事実ですw

 そうして、2回目の蛇沸きも同じようにしてやり過ごし、討伐隊の皆さんは無事、羅剛の討伐を終了されたのでした。


 正直、1回見ただけではよく分からなかったので、2回目の討伐まで見学に参加させていただき、その結果、おぼろげながら今の羅剛討伐の手順が分かった気がしました。

 討伐隊の皆さんは、3回目もされるようでしたが、さすがにもうご迷惑だろうと思い、皆さんにお礼を申し上げて、私はチャトを後にしたのでした。

 討伐隊の皆さん、お疲れさまでした。(>ω<)ノ



 ちなみに、2年前にあれだけ手こずっていた羅剛の広範囲睡蓮&奪徳の攻撃は見られませんでした。
 ブリードさんに訊いてみたところ、今もその攻撃はしてくるけど、無効化しているとのこと。
 うは、今、そんなスキルを持ったキャラがいるんですか!Σ( ̄□ ̄;)

 2年の間に追加された各キャラのスキルも、勉強しなきゃなぁ(´・ω・`)と思った昨日の私なのでした。



おまけ
gandaruva-ouentai.jpg
 昨日のエントリーで、応援しに行きます、って書いていたとおり、応援の踊りを踊ってみた私。そうしたら、ふたりのガンダルさんもノッてくれて、応援したり踊ったり。
 で、近接PTが一生懸命タゲを固定しているのを背景に、踊るガンダルヴァ応援隊が結成されているの図w

テーマ:TANTRA - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://felghana.blog40.fc2.com/tb.php/84-29f89d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

felghana

Author:felghana
無料MMO「TANTRA」の
ブラフマー鯖で遊んでいた、
しがない修羅です。

途中2年の隠居を挟みつつ、
2005年7月から
2010年6月のサービス終了まで
TANTRAで遊んでいました。

所属していたASはシヴァASの
≪ねこやしき≫。
隠居から復帰後は
廃屋も同然でしたが、
愛着を感じて野良猫として
最後まで居座ってました。
(*´ω`*)

最終Lvは89。(ノω\*)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。